通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




喫煙者の本音に迫る!加熱式タバコって実際どうなの?

喫煙者の本音に迫る!加熱式タバコって実際どうなの?

最近、加熱式タバコを手に握り、それを口元へと運んでいる人々を多く見かけるようになりました。
どんどん肩身の狭くなる喫煙者のみなさまに、加熱式タバコを含めたタバコ事情について聞いてみました。

紙巻き?加熱式?あなたの好きなタバコは?

加熱式タバコを愛用している人を多く見かける一方、従来型の紙巻きタイプをふかしている姿もそこまで減った印象を受けません。
喫煙者の皆さんは、どちらを吸っているのか聞いてみた結果がコチラとなります。

Q.タバコと加熱式タバコではどちらを吸いますか(単一回答)
Q.タバコと加熱式タバコではどちらを吸いますか(単一回答)

いずれの年代においても、7割から8割以上が紙巻きタバコであると回答しています。
この結果を含めて考えてみると、加熱式タバコを吸っている光景自体が珍しいものであるため、目立つだけなのかもしれません。

続いては、値上げが続くばかりのタバコですが、いくらまでなら喫煙を継続するのか聞いてみました。

Q.タバコはいくらまでなら値上げしても、買い続けることができますか ※一箱の価格(単一回答)
Q.タバコはいくらまでなら値上げしても、買い続けることができますか ※一箱の価格(単一回答)

上記の結果の通り、年代を問わず500円が心理的な節目となっているようです。
以前の価格を知らない20代の方が価格について理解があるように見受けられるのが印象的です。

紙巻きタバコ愛用者にとって、加熱式タバコはどう映るのか

Q.タバコを吸っている方にお聞きします。加熱式タバコを使用してみたいと思いますか(単一回答)
Q.タバコを吸っている方にお聞きします。加熱式タバコを使用してみたいと思いますか(単一回答)

コンビニの店頭でも加熱式タバコが販売されている今日、紙巻きタバコを愛飲している人がどれほど加熱式タバコに興味があるのか聞いてみた結果が下となります。
やはり、若い世代ほど新しいモノを受け入れやすいといえるようです。
しかし、時代の流れと捉えているのか、どの世代においても半分ほどが加熱式タバコに興味はあるという結果となっています。

■使いたい派

「時代の流れ、たばこ=悪の世の中で愛煙家が世間的に許容される範囲が電子タバコや加熱式たばこ・プルームテックなどの次世代の商品だから。」
(40代:男性)

肩身の狭くなった喫煙者の拠り所として加熱式タバコを見ているのでしょうか

■機会があれば使いたい派

「周りに使ってる人が1人もいないので一番乗りで試す気にはならないけど、もう少し普及し始めたら使ってみたい。
ただ使うか使わないか分からないものを買うのは気が進まない。」
(20代:女性)

コスパがどれほどなのか、まずは周囲の実体験を伺うのが女性らしいです

■使いたくない派

「永年の習慣で、一時は缶入り50本のショートピースを一日で吸っていましたが、今では医者にも節煙を勧められセブンスターを二日で一箱です。70歳を迎えると、今更じたばたしたくはないです。」
(60代:男性)

長年の習慣を変えてしまうほうが、健康に悪いという考えも耳にしますよね

なぜ加熱式タバコにしたのか。満足できていますか?

上でご紹介したように、加熱式タバコへ率先して切り替えた人たちは少数派のようです。
では、皆さんがなぜ加熱式タバコに切り替えたのかを聞いてみた結果がコチラとなります。

Q.加熱式タバコを吸っているとお答えした方にお聞きします。なぜ加熱式タバコにしましたか(単一回答)
Q.加熱式タバコを吸っているとお答えした方にお聞きします。なぜ加熱式タバコにしましたか(単一回答)

やはり、ニオイと健康面が1位・2位となっています。
では、実際に変えてみて満足できたのかどうかを聞いてみたところ、下記のように80%以上の人がとりあえずは満足しているとの結果が出ています。

Q.実際にタバコから加熱式タバコに変更した満足度を教えて下さい(単一回答)
Q.実際にタバコから加熱式タバコに変更した満足度を教えて下さい(単一回答)

加熱式タバコのいい点ばかりが目立ちますので、最後にデメリットを感じた人の声もご紹介してみます。
どちらも、価格面と満足度に不満を覚えているようです。

Q.加熱式タバコのご不満な点を教えて下さい(自由回答)

「ランニングコストが高い。壊れやすい。物足りない。売っているお店が少なすぎる」
(40代:男性)

ランニング=機械以外のタバコ部分の購入と捉えるなら、既存の紙巻きタバコと差はないように思いますが、どうなんでしょうね?

「吸った感じが軽いのと、吸い方で電池の持ちが違ってタバコはまだ全て燃えきってないのに早く電池がなくなってしまって、普通のタバコより短い時間の時がある。」
(50代:女性)

根強い紙巻き嗜好が顕著に!

喫煙者のほぼ全員が紙巻きタバコを通じて加熱式タバコへと移行しているのですから、紙巻き嗜好が強いのは仕方のない結果ともいえるかもしれません。
今後、どのような動きを辿っていくのか、非常に興味深いアンケート結果となりました。

調査データ

有効回答数:2,637名
調査期間:2017年10月16日~10月18日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~69歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス