あざとい女は嫌われる?そのあざとさ大研究。

あざとい女は嫌われる?そのあざとさ大研究。

昔からあざとい女性っていますよね。
今回はそんな「あざとい女性の実態」についてアンケートをとってみました。
あざとい女とはいったいどんな女性なのか、男性はどんな風に思っているのか。
その赤裸々なご意見とともに、お楽しみください。

あざとい女は好きですか?

Q.あなたは「あざとい女」をどう思いますか(単一回答)
Q.あなたは「あざとい女」をどう思いますか(単一回答)

まあ当然といえば当然の結果ですが、女性に比べると男はあざとい女が好きなようです。
しかも20~30代の男性ほど、あざとい女に対しての好感度は高いようですね。
もちろん若い方が価値観の幅が広いということもあるのでしょうが、もしかしたら若くて経験が浅いほどあざとい女で痛い目を見ていないということかもしれません。
とはいえ、20代男性では40%超が、30代男性では半数以上が「好きではない」と回答していますし、女性にいたっては、全年代通して嫌われていると言ってもいいくらいの結果となっております。

あざといヘアスタイルは何だ?

Q.あなたがイメージする「あざとい女」の髪型を教えてください(複数回答)
Q.あなたがイメージする「あざとい女」の髪型を教えてください(複数回答)

驚いたのが女性にとってあざとい髪形って巻き髪ロングが44%とダントツです。
いわゆるユルフワ系といった感じのイメージなんでしょうか。
同様にツインテールも女性からはあざといと思われているようで。
そもそもツインテールの女性って、コスプレ以外で見かけない気がしますが・・・。
ここで言えそうなのは、スイートなイメージの髪型が、女性にとってのあざとい女なのでしょう。
対して男性は巻き髪ロングについで、ストレートロング。
私、個人としてはストレートロングに「あざとさ」はあまり感じません。

あざといファッションとは?

Q.あなたがイメージする「あざとい女」の服装を教えてください (複数回答)
Q.あなたがイメージする「あざとい女」の服装を教えてください (複数回答)

さて今度は服装ですが、これは男女とも1位は露出の多い服。双方ともに40%程度の人がこれを選択しています。
ここにきていきなりスイート系ではなくセクシー系があざといの象徴のようになってしまいましたが、まあ男性アピールという点では確かにそうですね。
次いでボディラインを強調とフリルがたくさん来てますが、ボディラインはともかくフリルがたくさんついた服を着ている人をツインテールと同様に見かけない気が・・・。
しかも次は女性から結構な支持を得て清楚系の服。
露出もダメ、ボディライン出してもダメで清楚系もアウト。
もう、ユニ○ロ一択になりそうな・・・?

あざとい性格はこれだ!

Q.あなたがイメージする「あざとい女」の特徴を教えてください(複数回答可)
Q.あなたがイメージする「あざとい女」の特徴を教えてください(複数回答可)

さて今度は性格というか特徴ですが、まぁこれもすごいですね。
男女ともに多いかったのが、「異性に対して態度が変わる」というもの。
次に女性票の多い「思わせぶりな態度」の2つを併せて、オタサーの姫はこんな感じなのかも知れませんね。
あと女性に比べて男性票が多かったのが、「なんでもカワイイ」という女。
女性の「カワイイ」は挨拶みたいなものだと認識しているのですが、世の中はそうでもないようです。

あざとい女エピソード男性編

「彼氏がいるのにもかかわらず、ボディタッチが非常に多くその気になって接してみると、どうやら結婚を前提に付き合っている彼氏がいるという女の子がいました。」
(20代:男性)

思うにこういうあざとい女子にとっては彼氏がいるとかいないとか関係なしで、もうそういう風に人と接する癖がついているんだと思いますね。
手を出さないように、ね。

「コンパで同席した女性のお話し。初対面では軽くあしらわれていたが、私の学歴(旧帝大の院卒)が判明したら急に視線を向け始めた。でも収入を聞いたらやっぱり別のテーブルに離れていった。」
(20代:男性)

それはあざというというか計算高いのでは、と思いますが。
まあでも、それは女性としては仕方のない行動のような気がします。
身長や体重、見た目と同じで収入や学歴だってれっきとした男の魅力なんですから。それはいいじゃないですか。
未来で驚くほどの年収を手にして、見返してやりましょう!

あざとい女エピソード女性編

「自らすすんであざとい女を演じている。 友人の前と男性の前で態度が変わるのは自覚もあり、あたりまえのようにやっている。「落とせない男はいない」と豪語していて好きでもなくてもその気のある行動をして落とす。」
(20代:女性)

あざとい女を自ら進んで演じるだなんて!
それって!……あざとい女じゃないですよね?
と、思わず突っ込んでしまいましたが、しかも落とす気がなくても、落とせることを証明するために男を落とすなんて、もはやあざとさの対極だと思います!

「自分にとってメリットとなる人物の特定にたけている。
そういった人物への対応とそうでない人との対応がハッキリと分かり、見てると不快感を感じる。
笑顔の作り方から声のトーン、話し口調からパッキリと変化をつけられるので多重人格なんじゃないかと思ってしまう」
(30代:女性)

見ていると不快感を感じる(笑)
しかし、女は生まれながらに女優ですね。

「男ならなんでもよいみたいでやたらボディタッチが多い。
勘違いさせといてストーカーされてると訴えていた。自業自得。」
(40代:女性)

ストーカーされてると訴える時点で……誰でもよくないじゃないですか!(笑)
しかし、女性のストーカー被害に対しては女性が熱心に擁護するんですが、あざとい女だと自業自得扱いなんですね、怖いですね…。

あざとさも1つ違うと魅力になる

さて色々見て来ましたが、私個人としては、あざとさはその人の魅力と紙一重だと思うんですよね。
自分の利益のため、男を落とすため、とにかくかわいく見られたいという欲望のため、せっせせっせと頑張っているその姿には、ちょっとした尊敬も感じます。
そういう人にコロっと引っかかる男がいるから、あざとい女は女性に嫌われるんですね。
悪循環だなぁと思う今日この頃です。

調査データ

有効回答数:2,941名
調査期間:2017年11月28日~11月29日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス