世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト




運動?食事制限??みんなが取り組んだダイエット法とは

運動?食事制限??みんなが取り組んだダイエット法とは

痩せたい!と思っても、どのようにダイエットしていけばいいのかわからない人は必見。
ダイエット方法の代表格ともいえる運動と食事制限について、他の人たちがどのように取り組んでいるのかをアンケート調査してみました。
是非、参考にしてみてください。

ダイエットのために皆が取り組んだ運動とは

Q.あなたはダイエット(運動)をしたことがありますか(単一回答)
Q.あなたはダイエット(運動)をしたことがありますか(単一回答)

摂取カロリーより消費カロリーを大きくするために、よりキレイに痩せるためにも運動は欠かせません。
そこで、みなさんがダイエットのための運動に取り組んでみたことがあるかどうかをまず聞いてみたところ、男性で4割、女性で6割の人が取り組んだことがあると解答しています。

Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(運動)をお選びください(単一回答)
Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(運動)をお選びください(単一回答)

では、具体的にどのような運動に取り組んだのか聞いてみたところ、やはりウォーキングとランニングといった有酸素運動が人気を集めていました。
興味深いことに、この2種であってもウォーキングは女性の方が、ランニングは男性の方が大きく上回っています。
この他には、スクワットやヨガが女性に支持されている格好となっており、自転車や腕立ては男性からの票が集まっています。運動についての考え方に男女の違いが読み取れる結果となりました。

下記は、その運動に取り組んだ理由を聞いてみたものです。

■ウォーキング

ウォーキングはかなり早歩き。ランニングは普段運動していないので足を痛める可能性があるのであえて止めました。
初めは、歩く運動をするための筋肉を足につけるための早歩きのウォーキングから始め、少しずつ目標を高め、最終的には半日ぐらいは歩き続けることができるようになりました。
食事療法と、ウォーキングで35kg減らしたことがある過去があり、今は体型維持のためにしています。
(30代:男性)

とてもストイックにウォーキングをされていますね!
適度な運動は、ダイエットの観点から見ても大切なのかも知れませんね。

運動はあまり好きではないので、ウォーキングをしようという目的ではなく、今日はあそこまで歩いてショッピングしてこよう、とかお天気のいい日に限り、行くのが楽しみに思えるような目的地を設定して歩くといった感じで行ったら割と続いたから。
しかも食事制限などなく、自然に痩せたので。
(30代:女性)

無理なく取り組めるため、継続しやすい点がウォーキングの良いところですよね。
ウォーキングが目的になると、少しつらいかも知れませんが、ショッピングに歩いて出かけたりなど、違う目的があって、結果的に達成されていたという方が、もしかすると楽しく続けられるかも知れませんね。

■ランニング

毎日どんな天候だろうが必ず4㎞走ると決めて、疲れていようが、雨や雪が降ろうが走るようにした。  
ついつい甘えや言い訳をして逃げてしまいがちだったので、一念発起して実施しました。
結果、5㎏痩せたのですが、その後徐々にもとに戻ってしまい、現在どんなダイエットをしようか考え中です(笑)。
(40代:男性)

こちらの方もものすごくストイックですね。
男性にはそういう方が多いのかも知れません。
この方なら、どんなダイエットをやっても成功しそうではありますよね。

1日の摂取カロリーを1400以内に抑え、毎日1時間40分から2時間走ったら半年で9キロくらい痩せた。
好きな人が痩せている人が好きだと言ったからかなり必死になれました。
(20代:女性)

目標距離を走り終えた後の充実感は他には代えがたいものがあります。
また、愛や恋のために必死になれるのもステキだなぁと感じます。

■スクワット

スクワットは20代から続けている。
太ももの筋肉は大きいのでここを鍛えておくと燃焼がいいと聞いた。
そのお陰かわからないが、太ってはいない。
(40代:女性)

キレイに痩せるための運動として知られていますし、大きい筋肉を鍛えることで、代謝が上がって痩せていくという話も聞きますので、きっと正しかったのだと思われます!

■自転車

重量級の人には足の負担が少ないサイクリングがおすすめ マウンテンバイクとかタイヤが太いものだとパンクしづらいのでこれもおすすめ
(20代:男性)

天気のいい日には気持ち的にもリフレッシュできますし、歩いたり、走るのは億劫でも自転車なら少し軽い気持ちでトライできそうですよね。

■水泳

怪我に負担がなく自分のペースで通えた。
全身の有酸素運動のため、より痩せられた。また、肌にも良い効果があったように思える。
(20代:女性)

全身運動である水泳は、カロリー消費も大きいためダイエットには効果的なのかも知れませんね。
肌にも良いとなると、一石二鳥かも知れません。

■ヨガ

いつ行ってもよいジムは続かないので、ヨガなど予約が必要なところのほうが絶対行かないといけないから続けられる。
(20代:女性)

予約によって義務化することによって、継続力が得られるようです。
私の場合は、予約すらすることがなくなってしまいました・・・。

みんなが選んだ食事制限ダイエット方法とは

Q.あなたはダイエット(食事)をしたことがありますか(単一回答)

続いては、食事制限に取り組んだことがあるかどうか聞いてみたところ、男性では3割、女性では過半数が取り組んだことがあると答えています。
運動に比べると、男女ともに実施された方の割合が少なくなっており、双方とも10ポイント程度は経験者が少なくなっております。
では、どんな食事制限に取り組んだかを、具体的に見ていくと、女性はいろいろな食事制限方法に票がバラけている印象を受けますが、男性は糖質制限ダイエットと1日2食ダイエットに極端なほど票が集まっています。
全体的な傾向を伺っても、普段の食生活における分量の調整をメインに取り組んでいるように思います。

みなさんがなぜ、その方法を選んだのか理由を確認してみましょう。
Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(食事)をお選びください(単一回答)
Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(食事)をお選びください(単一回答)

■糖質制限ダイエット

眼底出血をしていて、大学病院で検査したが、原因不明。
経過観察だったが、いろいろ自分で調べてみると、糖質の過剰摂取が血管をもろくしていたのだという解答に辿りつたため。 糖質制限をして6年目に突入。
(40代:男性)

かなり穏やかじゃない理由ですが、ダイエットというよりは糖尿病が心配になってしまいます・・・。

デトックススープ1週間ダイエット。
心臓病の手術前に無理なく体重を落とすために考えられたものなので、栄養バランスもよいし、安心して始められる
(30代:女性)

糖質を意識する人は多いようで、栄養バランスも考えて実施されている点はさすがです。

■炭水化物抜きダイエット

主食がご飯だと噛まずに早食いする傾向があるのでサラダ・野菜を主食におかずを食べることにしたら痩せて便通もよくなったから
(40代:男性)

食べる順番を意識するだけでも、それなりに効果があると言われているので、ぜひこのまま継続していただきたいです。

妊娠後期に妊婦糖尿病を疑われたから。
検査結果は平常だったけど、胎児が大きくなり過ぎると困るので血糖値を上げないように炭水化物や甘いものを控えて生活をした。
体重を落とすつもりはなかったけど、産後は妊娠前の体重からマイナス5キロも減っていて思わぬ結果に喜んだ。
勿論、母子ともに健康で無事に出産できました。
(30代:女性)

まずは健康第一ですね。
出産も無事に済まされたとのことで、素晴らしいですね。

■間食禁止ダイエット

無意識のうちに食べてしまっているお菓子類を節制することで、体重だけでなく、肌などの美容面にも効果が出てきたから。
(20代:女性)

生活習慣の改善が大切ですよね。
ただ痩せるだけではなく、肌にも効くのはとても良いですよね。

■断食ダイエット

ひたすら量をセーブして痩せた。ただ、口臭がキツくなってしまったのと、肌が荒れてしまったのでやめた。
(30代:女性)

おお・・・。
痩せるという結果だけを見ると、成功かも知れませんが、副作用的なモノが出てしまったというお話ですね。
断食などは、確かな知識を持って取り組んだ方がよさそうです。

■置き換えダイエット

10代の頃、間食が多く、夕飯前に菓子パンなどを食べていた。
それを、ガムに変えたダイエットをしたら、口は寂しくないしその間に宿題をするなど時間を有効活用したら自然に続けられて痩せられた
(20代:女性)

菓子パンをガムに変えるような、ちょっとした工夫が大切だと思い知らされます。

自分にあったダイエット法に取り組んでみよう

ダイエットは継続してこそ結果の得られるものに他なりません。
今日、様々なダイエット法をネットで探すこともできますから、とりあえず始めてみて自分にあったものを見つけることを最優先とし、継続できそうなものに取り組んでみるのも良いかも知れませんね。

調査データ

有効回答数:2,420名
調査期間:2017年11月21日~11月22日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス