通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




効果があったダイエットは食事制限?運動?みんなの成功方法を大調査

効果があったダイエットは食事制限?運動?みんなの成功方法を大調査

痩せたい!と思っても、どのようにダイエットすればいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか?
人によって、どのダイエット方法が合っているのかは異なります。運動したほうが良いのか、食事制限のほうが良いのか、これは実際に試してみなければ成功するかどうかはわかりません。

…とはいっても、その方法を定まりきれず、なかなか行動に移せないという人も多いでしょう。
そこで今回は、ダイエット方法の代表格ともいえる運動と食事制限について、他の人たちがどのように取り組んでいるのか、どの方法でダイエットに成功したのかをアンケート調査してみました。

それではまず、運動系ダイエットに関するアンケートから見ていきましょう!

運動系ダイエットの経験は?成功した方法は?

Q.あなたはダイエット(運動)をしたことがありますか(単一回答)
Q.あなたはダイエット(運動)をしたことがありますか(単一回答)

「Q.あなたはダイエット(運動)をしたことがありますか(単一回答)」のアンケート結果1位は、男性が「したことがない(57.9%)」、女性が「したことがある(60.3%)」でした。

まず、”ダイエット”に対する男女での意識の違いが読み取れる結果です。男性の「したことがある」を20%近く上回る女性のダイエット意識には、目を見張るものがあります。

ダイエットには様々な方法がありますが、運動系のダイエット方法は摂取カロリーや脂肪をエネルギーに変えて、消費カロリーとして燃焼させることで健康的・キレイに痩せる事が期待できます。また、基礎代謝の向上にも、運動は効果的と考えられています。

そんな良い事ずくめのダイエット方法(運動)ですが、運動の中でもどのような運動をされているのかも気になります。次は、運動の種類について聞いてみました。


Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(運動)をお選びください(単一回答)
Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(運動)をお選びください(単一回答)

「Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(運動)をお選びください(単一回答)」のアンケート結果は、男性が「ウォーキング(36.2%)」、女性が「ウォーキング(41.8%)」の結果となりました。

やはり運動の定番とも言える、「ウォーキング」や「ランニング」といった有酸素運動が人気を集めています。特に場所や器具を必要とすることなく、思い立ったらすぐにでも始められるという気軽さも、ダイエット方法の成功要因として挙げられます。

「ランニング」に関しては、男性が女性の倍くらいになっています。その他、自転車や腕立て伏せなど、筋トレにも繋がるようなハードなダイエット種目を男性が好んでいることがわかります。

反対に女性が上回っている種目は、「スクワット」や「ヨガ」など、その場で行うことが出来るダイエット方法に人気が集まっているようです。あまり筋肉量は増やしたくないけど、基礎代謝を向上させたい女性には最適の方法なのかもしれません。

それでは、それぞれのダイエット種目を選んだ方のご意見を見ていきましょう。

■ウォーキング

ウォーキングはかなり早歩き。ランニングは普段運動していないので足を痛める可能性があるのであえて止めました。
初めは、歩く運動をするための筋肉を足につけるための早歩きのウォーキングから始め、少しずつ目標を高め、最終的には半日ぐらいは歩き続けることができるようになりました。
食事療法と、ウォーキングで35kg減らしたことがある過去があり、今は体型維持のためにしています。
(30代:男性)

食事療法とウォーキングで35kg減量というのは、驚異的な成功体験ですね!いきなり動くと足や膝に負担が掛かることを考慮して、早歩きのウォーキングをされているのも理に適った方法と言えるでしょう。体系維持にウォーキングはうってつけです。

運動はあまり好きではないので、ウォーキングをしようという目的ではなく、今日はあそこまで歩いてショッピングしてこよう、とかお天気のいい日に限り、行くのが楽しみに思えるような目的地を設定して歩くといった感じで行ったら割と続いたから。
しかも食事制限などなく、自然に痩せたので。
(30代:女性)

そもそも運動は適度に続けていくことが重要ですので、こういったメンタル面を維持させるようにする取り組みは素晴らしいですね。”目標”を設定すると負担ですが、”目的地”となることで楽しく取り組むことが出来る方も多いと思います。

■ランニング

毎日どんな天候だろうが必ず4㎞走ると決めて、疲れていようが、雨や雪が降ろうが走るようにした。  
ついつい甘えや言い訳をして逃げてしまいがちだったので、一念発起して実施しました。
結果、5㎏痩せたのですが、その後徐々にもとに戻ってしまい、現在どんなダイエットをしようか考え中です(笑)。
(40代:男性)

学生時代に体育会系の部活をされていた方でしょうか!ストイックな取り組み方には頭が下がります。ただ、一度ストイックな成功体験をすると、「いつでも痩せられる!」と日頃サボってしまいがちになるので、注意が必要ですね。

1日の摂取カロリーを1400以内に抑え、毎日1時間40分から2時間走ったら半年で9キロくらい痩せた。
好きな人が痩せている人が好きだと言ったからかなり必死になれました。
(20代:女性)

好きな人に向けて必死になる姿…。ダイエットにはそれなりのモチベーションを維持してくれる”何か”が大切になります。そのことを教えてくれるようなエピソードですね。”恋”は何よりのモチベーションになってくれるようです。

■スクワット

スクワットは20代から続けている。
太ももの筋肉は大きいのでここを鍛えておくと燃焼がいいと聞いた。
そのお陰かわからないが、太ってはいない。
(40代:女性)

衰えは足腰から始まると言われているので、日々続けやすいスクワットは、非常に有効な運動と言えるのではないでしょうか。大きな筋肉を鍛えると基礎代謝が向上するという話も聞きます。何よりも”継続は力”ということでしょう。

■自転車

重量級の人には足の負担が少ないサイクリングがおすすめ マウンテンバイクとかタイヤが太いものだとパンクしづらいのでこれもおすすめ
(20代:男性)

意外と歩いたり走ったりというのは、足や膝に負担が掛かってしまいます。その点、自転車を使っての運動は、負担を軽減してくれますし、天気の良い日に風を切って走るのは、気持ち的にもリフレッシュできます。

■水泳

怪我に負担がなく自分のペースで通えた。
全身の有酸素運動のため、より痩せられた。また、肌にも良い効果があったように思える。
(20代:女性)

ゆったりと泳ぐだけでも全身を動かすので、より効果的な運動として人気が高いのが水泳です。お肌の天敵でもある”乾燥”からも回避できるので、キレイに痩せれて潤いもキープできるという、まさに一石二鳥ですね。

■ヨガ

いつ行ってもよいジムは続かないので、ヨガなど予約が必要なところのほうが絶対行かないといけないから続けられる。
(20代:女性)

「ジム続かないあるある」ですね。その回避方法としてヨガの予約というのは、自分の特性をしっかり把握されていらっしゃいますね。ヨガの基礎代謝向上は有名な話ですので、続けることによってダイエット効果が期待できるでしょう。

ここまでは、ダイエット方法として運動を選択された方のご意見です。ここからは、ダイエット方法として食事制限を選択された方のご意見を見ていきましょう。

食事制限ダイエットの経験は?成功した方法は?

Q.あなたはダイエット(食事)をしたことがありますか(単一回答)

「Q.あなたはダイエット(食事)をしたことがありますか(単一回答)」のアンケート結果1位は、男性が「したことがない(71.0%)」、女性が「したことがある(53.2%)」でした。

こちらでも女性のダイエットに対する意識の高さが読み取れます。運動のグラフと比較すると、結構減少した男性に対して、女性の減少具合は微々たるものです。女性によっては、運動と食事制限でダイエットをされている方も多いということでしょう。

食事制限でダイエットをすると一口に言っても、その方法は様々あります。続いては、具体的にどのような食事制限のダイエットをして成功されたのかを見ていきましょう。

Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(食事)をお選びください(単一回答)
Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(食事)をお選びください(単一回答)

「Q.過去、あなたが最も成功したことがあるダイエット方法(食事)をお選びください(単一回答)」のアンケート結果1位は、男性が「糖質制限ダイエット(25.7%)」、女性が「炭水化物抜きダイエット(16.6%)」でした。

数ある食事制限ダイエットの中でも、男性は「糖質制限ダイエット」がダントツの結果となりました。最近のダイエット食品などでも、しきりに”糖質オフ”という文字が目立つようになったため、流行に流されて…という方も中にはいらっしゃるのでしょう。

女性の食事制限方法では、少し前に流行した「炭水化物ダイエット」が第1位でした。ただ、女性の場合は満遍なく高いという傾向があります。様々なダイエットを試しながら、自分に合った食事制限ダイエットを探していらっしゃるのかもしれません。

それでは、それぞれの食事制限を選んだ方のご意見を見ていきましょう。

■糖質制限ダイエット

眼底出血をしていて、大学病院で検査したが、原因不明。
経過観察だったが、いろいろ自分で調べてみると、糖質の過剰摂取が血管をもろくしていたのだという解答に辿りつたため。 糖質制限をして6年目に突入。
(40代:男性)

最初からダイエットでは済まされない案件ですね…。ダイエットを通り越して、糖尿病治療が必要なパターンかも知れないという心配はありますが、糖質制限が6年目に突入されたということで、ご無事を祈るばかりです!

デトックススープ1週間ダイエット。
心臓病の手術前に無理なく体重を落とすために考えられたものなので、栄養バランスもよいし、安心して始められる
(30代:女性)

食事制限でダイエットを行うにあたり、一番大切なことは栄養バランスです。こちらの方はしっかりバランスを視野に入れていらっしゃるので流石です。食事制限でダイエットをするとは言え、くれぐれも無理は禁物です。

■炭水化物抜きダイエット

主食がご飯だと噛まずに早食いする傾向があるのでサラダ・野菜を主食におかずを食べることにしたら痩せて便通もよくなったから
(40代:男性)

ダイエットで見落としがちなのは、便通とも言われています。繊維質の高い食事を心掛けることで、便通が良くなるとも言われているので、炭水化物を抜くことも大事でしたが、こちらの方には野菜が功を奏したとも考えられますね。

妊娠後期に妊婦糖尿病を疑われたから。
検査結果は平常だったけど、胎児が大きくなり過ぎると困るので血糖値を上げないように炭水化物や甘いものを控えて生活をした。
体重を落とすつもりはなかったけど、産後は妊娠前の体重からマイナス5キロも減っていて思わぬ結果に喜んだ。
勿論、母子ともに健康で無事に出産できました。
(30代:女性)

やはり食事制限のダイエットを行うにあたって、医師への相談は安心を与えてくれます。こちらの方はダイエットの意識なく食事制限されたことが、結果的に減量に繋がったようですね。何より無事に出産を済まされたことが素晴らしいです。

■間食禁止ダイエット

無意識のうちに食べてしまっているお菓子類を節制することで、体重だけでなく、肌などの美容面にも効果が出てきたから。
(20代:女性)

生活習慣の改善が大切ですよね。
ただ痩せるだけではなく、肌にも効くのはとても良いですよね。

■断食ダイエット

ひたすら量をセーブして痩せた。ただ、口臭がキツくなってしまったのと、肌が荒れてしまったのでやめた。
(30代:女性)

断食は確かにダイエットの究極とも言えます。「食べなければ痩せる」という非常にシンプルなメカニズムです。ですがこちらの方は、身体に支障が発生するリスクがあるという典型例でしょう。拒食症などの深刻な病に繋がる恐れもあるので、くれぐれも注意して行った方が良いでしょう。

■置き換えダイエット

10代の頃、間食が多く、夕飯前に菓子パンなどを食べていた。
それを、ガムに変えたダイエットをしたら、口は寂しくないしその間に宿題をするなど時間を有効活用したら自然に続けられて痩せられた
(20代:女性)

10代は食べ盛りなので致し方無いとは思いますが、菓子パンって物によっては結構な高カロリーですからね。置き換えは最初は口寂しいですが、慣れればどうってことなくなります。食事のサイクルの乱れには有効な方法と言えるでしょう。

運動?食事制限?ダイエットも何事も”バランス”が重要です!

ダイエットに関して、運動と食事制限の両面を見てきましたが、実際に成功をされた方のご意見もあれば、失敗された方のご意見もありました。ここまで見てきてわかることは、誰もが必ず成功するダイエット方法は無いということです。

その人ごとに性格や特性が異なるのと同じように、ダイエットに関しても向き・不向きがあります。一気に負荷や制限を掛けて成功する人もいれば、時間を掛けてじっくりと継続する方法で成功する人もいらっしゃいます。そこで大事になって来るのが、”バランス”です。

日頃から運動不足の方は運動を心掛けた方が良いですし、食生活が乱れている方は、食事制限を掛けてでもサイクルを戻す方が良いでしょう。体型の乱れは、そういった日常生活の乱れが出てくることが多いのです。最近太ってきたかな?と思う方は、一度、日常生活を見直してみてはいかがでしょうか?バランスが整えば、自然と体型が整うかも知れませんよ。

調査データ

有効回答数:2,420名
調査期間:2017年11月21日~11月22日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス