通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




あなたはウザイおっさんかもしれない。飲み会でウザイおっさん調査

あなたはウザイおっさんかもしれない。飲み会でウザイおっさん調査

もうタイトルが心に響く。
たしかに人間も年を取れば、いや、男は年を取ればおっさんになります。
でも、出来ることなら、ナイスミドルとか、かっこいいおじさまとか、ダンディーな中年とかになりたいと思いますよね。
でも、実際そうなれているかといえば、かなり疑問が残りますね。
そんな心に不安を抱えるおっさんに贈る今回のテーマは「飲み会でウザイおっさん」について。
一緒に、学んでいきましょう。

飲み会でウザイおっさんの実態:男性編

まずは、若い男性にどう思われているかを見てみましょう。
同性の意見です、結構参考になりますよ。

【男性】Q,あなたが飲み会でウザイと思うオッサンについて教えてください(複数回答可)
【男性】Q,あなたが飲み会でウザイと思うオッサンについて教えてください(複数回答可)

出ました!説教!!
半数以上が、説教をする人がウザいんですね。
でも気持ちはわかります、どっちの気持ちが解るかといえば、両方の気持ちが現役のおっさんたちにもわかるはずですよね。
飲み会でついつい気持ちが大きくなって、口が軽くなってくると、普段は世代の違いとあきらめていた若い人への愚痴や足りない所を指摘したくなるのを、抑えきれないこの気持ち。
そして、それをやられるの嫌だったよなぁ、という記憶の中にある若い頃の気持ち。
他のも大体そんな感じです。
歴史は繰り返すってことですね。

それではここからはエピソードを見てみましょう。

■説教してくる

「プライベートの場で、仕事の話を持ちかけられ、説教される。
また、上から目線で話しかけられる。」
20代:男性

違うんだよ、それは本当に君のためになると思って忠告をだね……。
って、言うのは通じないですね。
自分が言われた時も「こいつ・・・」としか思わなかったですし。
上から目線って、ねえ、年上ですもん、そこは勘弁していただけると・・・。

「会社の忘年会で酒を飲みすぎて前後不覚になった上司のおっさんの世話をする羽目になった。
前後不覚なら前後不覚らしく寝ればいいものを半端に意識が残っていて説教される。
キレたいのはこちらなのに30分ほど説教ループで飲む会なのにイライラしっぱなしになった。」
30代:男性

ああ・・・・。
もうどうしようもないやつですね・・・。
記憶が飛んじゃうほど飲んでしまったらまだ救われますが、中途半端に覚えていたりするとすごく後悔します。
翌日、顔を合わせるのが気まずくなりますね。はい・・。

■絡んでくる

「上司が酔っぱらって、どや顔でカラオケでギターを引いている時はうざかった。
その上司と飲みに行くと必ずギターが接続できるカラオケ店を探さないといけないのですごく大変でした。」
20代:男性

それはおっさんでなくてもウザいですね。
おっさんとしては、若者に負けない自分の経験とか、昔取った杵柄とか披露したくなるんですよね。
とはいえウザいですね、確かに・・・。

「静かに飲みたくてカウンターの静かな店に入ったが、隣に来たおっさんに永遠と絡まれてうっとうしかった。」
30代:男性

これもきつい。
なんとなく飲み屋で、カウンターの隣に座った人と仲良くなってもいい感じがするんですが、もうそれは昭和の風習。
今やプライベートゾーンとパーソナルスペースとかは大切らしいですから、飲んでる最中も気を付けましょう。
知らないおっさんに絡まれるのは、相当ツライと思います・・。

■自慢話ばかりする

「俺らの時代はなーと、今と昔の違いをしゃべって過去の栄光にしがみついている。」
20代:男性

しがみついてないもん、昔を思い出して思い出話をしてるんだもん。
だって、20代の人だって学生時代の武勇伝とか話し始めるじゃない、それと一緒だよ。
とか言っても、おっさんという生き物がそれをやると、こうなっちゃうんですね、悲哀です。

「自分の過去の栄光を延々と話し続けて、若者もそれを見習うよう押し付けてくる。
今はどれだけ活躍してるのか聞いてみたくなる。」
20代:男性

なんだろう、涙が出てきました。
おっさんは過去の栄光があって今の自分がいる、そう思って生きているだけなんです。
良かったら、ほんの少しだけ我慢して聞いてあげてください。

■無理やり飲まされる

「飲めないと言っているのに勧めてくるのは論外です。
飲まない、ではなく体質的に飲めないということを言っているのにしつこいようなのはご勘弁願いたいですね。」
20代:男性

これはウザイ以前の問題で、やってはならない行為ですね。
飲めない人というのは、本当に飲めないんですし、アレルギーや体質の問題で命に関わることもありますからね。
飲めないのに飲みの席に来てくれただけでも感謝しましょう。

■同じ話がループする

「同じ話する人はうざいです。
年寄りだからですかね。 10回くらい同じ話します。
だんだんリアクションとるのもしんどいです。
このオウム野郎がと思ってます。」
20代:男性

と、年寄り……。
君らだって、すぐにこうなるんだからな!
と、叫びたくなりますが、確かに若いころはループして同じことを話し続けるおっさんに、こう思ったのも事実ですよね。

ウザイおっさんの実態:女性編

男性の意見でもう十分瀕死です。
女性の意見に行くの、正直怖いですが、くじけず行きましょう。

【女性】Q,あなたが飲み会でウザイと思うオッサンについて教えてください(複数回答可)
【女性】Q,あなたが飲み会でウザイと思うオッサンについて教えてください(複数回答可)

上位はほとんど変わりませんが、やはり女性らしくボディタッチとか下ネタとか入ってきますね。
これ、犯罪ですからね、おじさん達・・・。
こればっかりは、飲みの席だからいいじゃないかとか思ってはいけません、今すぐにやめないと、人生が吹っ飛ぶことになりかねません。
あと、無礼講が無礼講じゃないのは、昔からです、あきらめましょう。

ではここからは、恐怖のエピソードです。

■説教してくる

「説教をしてきて、自分の自慢をしてきて、同僚をお持ち帰りしようとする上司がいました。」
30代:女性

最後の部分はもう説教うんぬんじゃないですね。
ただ、おっさんが独身で同僚もフリーなら別にいいじゃないか、とか思ってしまいがちですがダメですよ。
時代は変わったのです、認識しましょう。

「親戚の1人が怒り上戸で説教魔の絡み酒。相手にしないとふてくされたあと、二倍のウザさで絡みだすので無碍にもできない。ほんとうにメンドクサイ。」
30代:女性

なんか三役そろい踏みって感じですね。
これはおっさん同士でもめんどくさいやつです。
しかも、親戚って微妙に距離感が近いから、余計に面倒なんですよね、すごくよくわかります。

■絡んでくる

「一人で出来上がってしまい、酔いすぎて声量をコントロールする事も出来なくなったのか、大きい声でつまらない話をグダグダ話し始めたとき。
女性陣は、その方の周りには極力座らないようにしていました。」
30代:女性

一見冷たいようですが、酔っ払いの対処としては正解な気がします。
面倒くさくなったら遠巻きに見るのが良いと思います。

■自慢話ばかりする

「一緒に飲んでいた上司が、横に座っていた私に仕事の自慢話をし始めました。
聞いてて面白くないし、ウザイと思いましたが、つまらなそうにしたら機嫌を損ねると思い、とりあえず笑顔で聞いておきました。 」
20代:女性

だって、女性の前で自慢話するのって、楽しいじゃないですか。
と、開き直っても何にもなりませんね。
でもね、笑顔で聞いてあげたあなたはとてもステキだと思います!

「「自分の若い頃は〜・・・」と自分の若い頃がどれだけ悪くてチャラく、モテていたかを自慢げに飲みに行くたびに同じ内容を最後まで語る。
そして私にももっと遊べば?等としつこく絡むのがとてもうざい。」
20代:女性

絶対ウソだろ!!!!みたいな話をする人もいるので、それをネタ的に話してくれればおもしろいのですけどね。
というか、自慢→説教→絡みは最悪のコンボです。

■下ネタばかり言ってくる

「酔っぱらって記憶がなくなるのを良いことに、普段言えないようなこと(説教や下ネタ)を調子に乗って話してくるオッサンには本当に腹が立つ。
その上、つばを飛ばして話すところがものすごく嫌だ。」
20代:女性

下ネタはもう昔と違ってダメな時代になってますから、これはダメです。
男同士でしましょう、下ネタは。
というか、たぶん記憶無くしてないですよ?そのおじさん。

■ボディタッチが多い

「シラフの時はそんなことしないのに酒が入ると途端に酔っ払ってボディタッチが激しくなるオッサンは本当にうざいと思う。
自分も酔ってたらまだいいかもだけどザルだからな~。」
20代:女性

酔ってたらいいんですか?!いい子ですね!
ではなくて、駄目ですよ、これは本当にやめないとダメです。

おっさん、自重しよう・・・

いかがでしたか、生きてますか?おっさんの皆さん。
私は死にかけています。
いや、でも時代は変わったのですという言い方をした方がいいかもしれませんね。
特にセクハラ系は本当にいけませんからね。
お酒、おっさん同士で飲みに行けばいいのです。
今日あたり御一緒に一杯どうですか?下ネタ付き合いますよ。

調査データ

有効回答数:2,002名
調査期間:2017年11月13日~11月14日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~39歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス