世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

身近に感じるアジアの風、アジアン料理徹底調査

手近で感じるアジアの風、アジアン料理徹底調査

いまや日本にいながら世界中の料理を食べることができますよね。
なかでも、アジアン料理のお店は、ここ数年でかなり数を増やして今ではすっかり定番料理となってきました。
そこで今回はそんなアジアン料理に関する様々なことを徹底調査。
皆さんにとってアジアン料理は、どんなものなのか。
おなかを空かせつつご覧ください。

好きなアジアン料理はなに?

Q.あなたが日本食・中華料理以外の一番好きな「アジアン料理」を教えてください(単一回答)
Q.あなたが日本食・中華料理以外の一番好きな「アジアン料理」を教えてください(単一回答)

こうやって見ると、女性は男性と比較して韓国料理が好きな方が多いようです。
ドラマやアーティストを通じて韓国という国に親しみを持っている人が多いのかもしれませんね。
とはいえ、男性の意見も、比率は少し落ちますが、女性と変わらず、一番人気はやはり韓国料理。
男女差があるとすると、男性は女性と比べてベトナム料理を好む人が少なく、一方でタイ・インド料理を好む傾向にあるようです。
ベトナム料理はなんとなくヘルシーなイメージもあるので、女性に人気といったところでしょうか。

そんなみんなのアジアン料理エピソード

■韓国料理

「友人に新しく彼が出来たので紹介したいから食事に行こうと言われた時のこと。辛い物が苦手と伝えていたのに友人の彼が選んだ店が韓国料理屋さんでメニューもお任せで注文されてしまい、激辛の鍋ばかりで食べられるものがなかった。初対面なので食べられないとは言えず無理してお茶で流し込んだが、10年経った今でもトラウマ。」
(ビビンバが好きな30代女性)

ビビンバ好きなんじゃん。と一応ツッコんでおきます。
確かに、韓国料理に限らず辛い物がだめだとアジアン料理の選択肢はかなり狭まるといっていいですね。
ベトナム料理あたりは、そこまで辛くはないんですけどね。
私も辛いものは苦手です・・・がカレーとかは意外に好きだったりするので、辛さのジャンルにもよるのかも?

「初めて韓国料理屋さんに行ったときに、何かわからず頼んでみた料理がピビンククスでした。食べると人生で食べたことがない辛さでびっくりしたのを覚えています。でもそれから好きになりました。」
(ピビンククスが好きな30代女性)

ビビンクスス?なにそれ?おいしいの?
はいググりました、皆さんもググってくださいね、そして理解しました、これは辛そう。
ググるの面倒な人に一応お教えすると、もう見た目真っ赤な焼きそばだと思ってください、大きく外れてはいません。
しかし、これがOKなら大抵の辛い料理はいけそうですね。

「もうずいぶん前に友達とソウルにコンサートを観に行ったとき、コンサート終了後に入ったお店で頂いたプデチゲが本当に美味しかったです。冬で、寒い日でしたが、鍋いっぱいのソーセージやハム、ラーメンの麺が空腹にしみたのを憶えています。とても素敵なLIVEの後の美味しい料理が良い思い出になっています。」
(チゲが好きな50代女性)

きっとコンサートはチゲ&飛鳥、いやなんでもないです。
さて、確かに韓国料理の中でも寒い時に食べるチゲ鍋は別格のうまさですよね、さすが日本より寒い韓半島の料理です。
ただ個人的には、あのしめのインスタントラーメンの麺は苦手です汗

■インド料理

「ビリヤニをパキスタン料理店に食べに行った時に、友人の大半は不味いと言っていたが、自分はとても美味しいと思ったのに、まわりに同調して不味いと言ってしまった。」
(サモサが好きな20代男性)

パキスタン料理じゃん、と約束された突っ込みノルマをクリアして。
まぁ、ビリヤニもサモサもインド地方の料理で、パキスタンでも当然食べられているんですけどね。
しかし、確かにアジアン料理って日本人の感覚的に受け入れがたい味のものってありますよね。でもだからこそはまると抜けられない中毒性だったりもします。

「初めてインド料理屋に行ったとき日本人がやってるとばかり思ってたら本物のインド人がいてビックリした!片言の日本語やったけどメニューも通じた!料理はインドカレーとナンを頼んだんだけどナンのあまりの大きさに驚いたことを今でも記憶に残ってます。」
(ナン好きの20代女性)

わかります、あの本場のナンの大きさとうまさは格別ですよね。
もう何なんでしょう。(ナンだよ)
慣れてしまうと、インドカレーにご飯では満足できなくなる、まさに魔法の食べ物ですよね、あれ。

「まだ付き合っていない時に、主人と初めて2人で行ったのがアジア料理店だった。彼が辛いものが苦手なのを知らずに、私が行きたくて行った。なかなか食が進まない彼を見て、苦手だった?ごめんね、と言うと、緊張してるから、と言われた。また今度、別のご飯食べに行こうと誘われ、それがきっかけで付き合うことになった。」
(カレー好きの30代女性)

スパイシーなのろけありがとうございます、ごちそうさまです。
きっと華麗でホットな家庭を気づいていらっしゃることでしょう。うん、だれかカレーに誘ってくれないかな。

■ベトナム料理

「ベトナムの屋台で食べた1つ50円位のバインミーがとても美味しかった。」
(バインミーが好きな30代男性)

確かに50円は安い。
しかし、現地で食べるとその安さとうまさに驚愕しますよね、旅の醍醐味の一つです。

「フォーとはベトナム料理の一種で、米で作られた麺で、つるつると食べやすいのが特長である。 鶏のスープと、牛肉のスープと2種類あるがどちらもおいしい。 香菜もとても合う。 最初はインスタント麺から食べたのだが、海外直輸入の物も、日本国内で製造した物も、気軽においしく食べられる。 またビーフンというタイ料理の一種で、こちらも米で作られた麺だが、簡単に作れるし、野菜がたくさん摂れるのも良い。」
(フォーが好きな30代女性)

まずは細かい説明ありがとうございます。
さて、おいしいですよね、フォー、あれは麺が好きな日本人なら大抵の人は好きだろうと思います。
ビーフンもまた、中華のビーフンと違って、おいしいですよね。

「バインセオはベトナム料理で一番有名ですが、地方によって、形、味が変わります。ホーチミンでは、大きくて、生地は薄いです。フエでは、小さく、生地は厚めで、具が充実しています。日本人には、フエ(中部)のバインセオが口に合うと思います。」
(バインセオが好きな50代男性)

皆さんお詳しいですね。
やはり日本にも各地でご当地ラーメンやご当地うどんがあるようにベトナムにもご当地グルメってあるんですね。
しかし、これだけ詳しくなるには、かなりの回数ベトナムに行かなきゃいけないんでしょうね。

■タイ料理

「タイへ旅行に行った際食べて大変気に入りました。もともとはアジア料理は匂いやスパイスが効きすぎてて、自分の好みには合わないジャンルかと思いさけていましたが、実際タイに行くと大変日本人好みの味付けであり、人にもよるかもしれませんが、屋台で食べた物でもお腹を壊すと言うことはありませんでした。また高級なお店に入っても日本より安く食事出来、タイへは趣味だけの旅行ではなく食事も楽しみの1つとなりました。」
(ガパオライスが好きな30代女性)

いつ頃行かれた時の話なのか分かりませんが、今やタイ、特にバンコク市内はもう完全に都会です。
ですから、昔のようにおなかを壊すことはほとんどなくなったと聞きます。
とはいえ、屋台に挑戦するのは結構な勇気。
じつはそう言ったところの方がおいしいということはわかっているんですけどね。

「ソムタムをオーストラリアで初めて食べて大好きになって、日本、ミャンマー、台湾のタイ料理屋さんで食べました。どこもその国の人の舌に合わせて違いがあるけどおいしー。そんな私はタイには行ったことなくて、本場の味は分かりません。いつか本場のソムタム食べに行くぞー。」
(ソムタムが好きな30代女性)

オーストラリアでソムタムを食べて好きになって、日本やミャンマーや台湾で食べたのにタイで食べたことがない。
グローバルなのか何なのかよくわからない状況ですが、その土地の料理でなくわざわざ違う国でソムタムを食べるということは相当気に入ったのですね。
いつか夢がかなうことを願っています。

「タイに行った時、何を食べても美味しいので調子に乗ってシーフードレストランで食べまくりました。特にカニの卵カレー炒め、カニのブラックペッパー炒めがとーっても美味しいので普段唐辛子やニンニクを食べ過ぎるとお腹を壊すのも忘れてガツガツ食べていたらホテルに帰る電車の中で猛烈にお腹が痛くなって、途中駅で降りてトイレを探したけどない!しかも駅員さん、英語が通じない!どーしよー!!!!!…連れがどうにかタイ語のガイドブック片手に説明してくれて無事、駅員さん用のトイレを貸して貰えました…その駅の名前がオンヌット、『オンヌットの恩』として未だに友人達とタイ料理を食べるたびに語り継がれています。」
(カニの卵カレー炒めが好きな30代女性)

『オンヌットの恩』なんか劇場公開されちゃいそうなタイトルですが、まあ見に行きたくはないですね。
しかし、このおなか壊したトラブルは本当にアジア圏ではよくある話で、もうある意味そこまでセットで考えてもいいくらい。
日本は本当に良い国です。

■インドネシア料理

「マレーシアに行った際 ナシゴレンにはまりました 物価も安くて食べ物も豊富。」
(ナシゴレンが好きな50代男性)

ナシゴレンは確かに日本人の味覚に合いそうな食べ物ですね。
やはりどこの国に行っても、日本人はお米が好きな民族です。

「インドネシアに住んでいたことがあり、本場のインドネシア料理の美味しさが忘れられません。 インドネシア料理のお店が少ないのが残念です。」
(ソトアヤムが好きな30代女性)

確かにアジアン料理のお店は増えましたが、インドネシア料理店というのはなかなか少ないですね。
ソトアヤムの好きな女性ですから、きっと、エスニック料理がいろいろ置いてあるお店のインドネシア料理では、満足できないんでしょうね。

エスニックでエキゾチックなアジアン料理の数々

いかがでしたか。
想像していたよりもかなりマニアックな料理名が並ぶコメントでしたが、やはりアジアン料理の醍醐味はそのマイナー感。
みんなが食べたことがない、でも私は知っている。
そんな、エキゾチックな優越感も、アジアン料理の楽しさの1つなのではないでしょうか。

調査データ

有効回答数:3,226名
調査期間:2017年10月30日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~59歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス