世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

あなたは毎月いくらツムツム?人気アプリと課金額を徹底調査!

あなたは毎月いくらツムツム?人気アプリと課金額を徹底調査!

もう流石にほとんどの人が持っているといっても良くなった「スマートフォン」。
音楽に写真撮影やコミュニケーションツールとしても生活に欠かせないものになっていますよね。
そんな中、ほとんどの人がやったことがあると思われるスマホゲーム。
むしろ中には、電話というよりゲーム機な人もいるのではないでしょうか?
というわけで今回は、スマホのゲームアプリについて、その課金状況も一緒に調査してみました。

1番遊ぶゲームアプリはツムツム?

ではまず、1番プレイするスマホゲームについて聞いてみました。

Q.あなたが一番プレイする「スマホゲーム」を下記からお選びください(単一回答)
Q.あなたが一番プレイする「スマホゲーム」を下記からお選びください(単一回答)

いやぁ、ツムツム強しですね!
リリースされてもうだいぶ長い時間が経過しているゲームにもかかわらず、この強さはさすがディズニーです。
筆者の周りでやっている人を見たことが無いのですが、浮世離れしていたようです。
続いては一気に盛り上がって一気に廃れた感のあるポケモンGO。
廃れたとは言え最初の盛り上がりの凄さから考えると、2位に食い込む当たりこれもやはり流石はピカチュウです。
続いて、パズドラ・モンスト・ポコポコと並んでいますが、パズドラも一時の1人勝ち感はなくなってしまいましたが、それでもやはりユーザーは多いようですね。そして、ポケモンGOとモンスト以外みんなパズル。
日本人は、本当にパズル好きですね。
もしくは草分け的存在のパズドラがパズルでヒットしたから、パズル系が多いのでしょうか?

毎月の課金額は?

Q.「スマホゲーム」に課金をした事がある累計金額を教えてください(単一回答)
Q.「スマホゲーム」に課金をした事がある累計金額を教えてください(単一回答)

わかりやすい結果が出ました。
つまりパズドラとモンストは課金ゲーだということですね、課金ガチャ勢恐るべしです。
パズドラの100万越えユーザーがいることも驚きです!!
対してLINE系のツムツムとポコポコは、プレイで稼げるコイン的なもの(ツムツムだとルビー)がゲーム通貨で、これが無課金でも結構貰えるんですよね。
ポケモンGOは……歩いて距離を稼ぐゲームだと記憶していますが、課金ガチャ要素はないはずなので何にそんなに課金するのか逆に気になりますね。

課金勢と無課金勢の本音に迫る。

まずは課金勢からいきましょう。

Q.「スマホゲーム」に課金をした事がある理由を教えてください(単一回答)
Q.「スマホゲーム」に課金をした事がある理由を教えてください(単一回答)

課金理由の1番はゲームを有利に進めたいからで、2位が課金キャラがほしいから。
つまりどちらも課金ガチャですね。
無課金ゲームをうたっていてもノーマルキャラだと一気にマゾゲー化してしまうゲームも多いですから、気持は良くわかります。
ガチャで上位レアが出た時の快感は、忘れられないですもんね。

ではここで皆さんの課金エピソードを見てみましょう。

「対戦系は課金すればするほど強さが増したりするから、強い人や得点が高い人は課金勢だと思う!私は見栄っ張りで負けず嫌いでハマるととことんやってしまう性格なので、ちょこちょこ課金する。」
20代:女性

ムキになって課金するこのチョコチョコがあとになって全然チョコチョコじゃないと気づくんですよね。
どうして一気に課金してレア呼確定ガチャを回さなかったんだ、となるパターンです。

「大金注ぎ込んで入手したキャラを友人が簡単に入手したときのギスギスした空気がヤバい。」
20代:男性

友達辞めていいですか?笑
運という名の天賦の才は、飛んでゆく諭吉の数を時々簡単に凌駕してくれます。

「どうしても欲しいキャラクターが居て、毎日ログインしてボーナスアイテムを入手して、ガチャなどを回す日々…だんだん、耐えられなくなり課金…(・_・。)」
30代:女性

気がつくと、ガチャを回すゲームをやっている気がしてくるパターンですよね。
ゲームをプレイするためにガチャを回していたのか、それともガチャのためにゲームをしていたのか……。
小一時間自分を問い詰めたくなります。

では今度は無課金勢へのアンケートです。

Q.「スマホゲーム」に課金をした事がない理由を教えてください(単一回答)
Q.「スマホゲーム」に課金をした事がない理由を教えてください(単一回答)

1番の理由が課金しなくても楽しめるということですが、たしかにガチ勢にならなければこれも真理。
ちょっとしたヒマつぶしや、なんとなく「ながらゲー」というレベルであれば、課金しなくても楽しめるという理由も、お金の無駄という理由も納得できます。
とはいえ、少数ではあっても『レア運に自信があるから無課金』という人たち。
人前では、言わない方がいいですよ。

ではここで無課金勢の皆さんのエピソードを見てみましょう。

「ゲーム機のソフトには子供の頃お金を払っていたのに、スマホゲームの課金には抵抗があるのはある意味不思議である。」
20代:男性

たしかに、ただで遊べるゲームという奇妙な感覚は、ゲームソフトが財産だった子供時代を過ごしてきた人間にはよくわかります。

「以前、付き合いたての彼氏にモンストに誘われて一緒にやっていた。彼氏は異常に強くてそれを自慢して見せつけてきたが、めちゃくちゃ課金していると知ってどん引きした。」
20代:女性

課金状況でわかる彼氏の経済観念。
ですが、趣味に掛けるお金と考えれば、そんなに高額でもないのでは?と思っちゃいますね。

「課金した人だけが強くなれるのは許せない。ゲーム内チャットで聞いた噂では、他国のユーザーは月に数百万費やす人もいるとのこと。強者に全然追いつけず飽きてやめた。(30代男性)」
30代:男性

スマホゲームで学ぶ社会の縮図。
でも、たしかに数百万をゲームに費やすのはいかがなものか、って感じはしますよね。

課金もほどほどなら問題はない?

さて色々見てきましたが、色んな意見があるものですね。
ただ、大きく考えてみれば無課金勢が無課金で遊べるのは、課金勢が課金しているからという現実は間違いなくあります。
好きなゲームタイトルに長続きしてほしいときは、ある程度のお布施は必要です。
程々に課金して、程々に遊ぶ。
何事も加減が大事だということなのかもしれませんね。

調査データ

有効回答数:1,657名
調査期間:2017年10月17日~10月18日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~39歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
アニメ・ゲーム 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス