世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

飛行機の中で泣いてる子供ってどう思う?

飛行機の中で泣いてる子供ってどう思う?

少し前、某有名な社長さんが「電車の中で泣く子どもに睡眠薬を飲ませろ」と発言して炎上しました。
もちろんその発言自体、どうかと思いますが狭い乗り物の中で泣き叫ぶ子供と乗り合わせてしまったら、「うるさいなぁ・・・」って思ってしまいがちですよね。
特に飛行機の中は、気圧や揺れなど様々な原因で子どもが泣き出してしまいます。
ということで今回は、そんな飛行機の中で泣きだす子どもに出会った時の、子持ちの人と子持ちでない人との意識の違いに迫ってみます。

泣いてる子どもを見てどう思ったか、子持ちの人とそうでない人の違いは?

Q.機内で他人の子供が泣いてる時、どう思いましたか。
Q.機内で他人の子供が泣いてる時、どう思いましたか。
既婚者で子どもがいる方といない方にアンケート調査しました。
まずはグラフを見て、どちらも「子どもだから仕方がない」が多いことにホッとしました。
やはり子どもが泣く事を許容する人が多いのは嬉しい気がしますね。
とはいえ、やはり、子どもがいる人の方が理解はしてくれるようです。
ただ、意外なのは、子どもがいない人の方が「気にしない」の割合が大きいところですね。これは、気にしてもしょうがないということなのか、あるいはもっと大きな心の現れなのかはわかりませんが。
イライラしてしまう人はやはり子どもがいない人の方が多いですね。コレばっかりは、仕方がないのかも知れませんね。

飛行機の中での実際の出来事

それでは、みなさまの実体験を子どもがいる方といない方に分けて見てみましょう。

■子どもがいる

子供に長時間黙ってじっとさせているのは基本的に無理だと思います。
私が家族で飛行機を利用するのは国内移動か、海外でも3時間ほどで着くところばかりなので、フライトの時間に合わせてお昼寝するよう、子供の生活時間帯に合わせたフライトスケジュールの便を利用しています。
30代:男性

そのような場面に遭遇したことはない。 対処法は、席を離れられるなら一旦離れて寝かせる。無理なら新しい本やおもちゃ、はじめてのお菓子などで気を引く。
30代:女性

同じような境遇で 子どもを乗せた事があります。
どうしても赤ん坊は耳の具合や環境の変化に対して泣いてしまうものです。
親が諭せる子どもの年齢なら きちんと言って聞かせるべきですが、私の場合は近辺にお座りになる方々に先にご迷惑をおかけします、とお声かけしておりました。
泣いて仕方ない場合、申し訳ございませんと謝りました。
隣がビジネスマンであっても 手助けをしてくれる方ばかりでした。嫌な顔せずに助けてくれました。
やはりキチンと親としての 誠意を伝えておくべくではないでしょうか。
少しは緩和剤になると思います
40代:女性

子どもをお持ちの方のエピソードは、やはり周囲への配慮に重点を置いているようですね。
子どもがそういう場所で泣いてしまうのは仕方のないことだし、また、諭すことの出来ない年齢だとコレばっかりは手の打ちようがない現実。
その中で、時間帯を考えたりおもちゃを使ったり、はたまた、泣くことを前提に周りの人に先に一言断っておくなど様々な工夫をしていらっしゃるようです。
子育ての大変さを感じる話ですよね。

■子どもがいない

海外旅行の際に中東の親子と一緒になりました。子供はまだ赤ちゃんで飛行機が恐いのか長時間のストレスからか長時間泣いていました。私は子供だからしかたないと思い我慢していました。すると、1人の男性が怒鳴りました。日本人のおじいさんでした。私は日本人としてスゴく恥ずかしく申し訳ない気持ちになりました。
20代:男性

以前韓国へ旅行に行ったとき近くの席の方が赤ちゃんを抱っこして搭乗されていました。その方は韓国人で日本語が得意ではないようでした。しばらくして赤ちゃんが泣き出してしまいました。誰も何も言わなかったのですが申し訳なく思ったのかカタコトの日本語で「ほんとにごめんなさい」と謝られてました。
みんな優しく微笑んで赤ちゃんかわいいですねと声をかけており、とても微笑ましい場面に遭遇することができました。
20代:女性

ヨーロッパから帰国するさい隣に乳児がおり、何時間も大泣きしていて、仮眠もとれず本当に迷惑だった。乳児の親が悪びれもせず堂々としていたのがまた腹に立った。ごめんなさいの一言でもあれば少しは違ったと思う。
30代:女性

国際線でよく赤ん坊を見かけます。機内が暗くなると泣き出す赤ん坊もいますが、個人的にはあまり気になりません。それより3~5歳くらいの子が泣き出した方がお母さんも困り顔で動き回る分、迷惑に感じます。
30代:女性

基本的に、泣く赤ん坊を連れている人に対して、悪意を持って接する方は、子どもがいない人にもそうそういないように見受けられます。
それどころか、泣く赤ん坊に対して嫌悪感を抱いた人を恥ずかしく思ったり、みんなでなく赤ん坊に暖かく接した様子にほっこりしたりと、優しさが溢れています。
そのように接したり感じたりする人が多いというのは、やはり嬉しいことですね。
一方で、泣いている子どもの親に対しては、少し厳しめの意見もあるようです。
周囲への配慮が欠けてしまうと、良くない受け止められ方をしてしまうようですね。
また、赤ん坊なら仕方ないと受け止められることでも、幼稚園~小学校低学年くらいの子どもが泣き出したり騒いだりすることに不快感を覚える方はそれなりに多くいらっしゃいました。

広い心で受け止めて

いかがでしたでしょうか。
もちろん、赤ん坊といえども騒がしくされると人間気持ちのいいものではありません。
言葉の通じない年齢の赤ん坊であれば、仕方のないことも多々あります。
しかし、多くの人がそれを感じさせない対応をしたり、それを排除しようとする人に嫌な感情を抱いたりと、優しい気持ちでいることにちょっと感動しました。
もちろん、そういった人の優しさが1番なのでしょうが、コレも赤ん坊という存在のもつ力なのかもしれませんね。
一方で、諭すことができる年齢の子どもを連れた親がそれをせずに、周囲に嫌な思いをさせる光景を見ることもあります。
周囲への配慮はやはり必要なのかも知れませんね。

調査データ

有効回答数:1,917名
調査期間:2017年10月10日~10月11日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
ノンジャンル 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス