世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

トキメキ注意報!異性にドキッとする瞬間!!

トキメキ注意報!異性にドキッとする瞬間!!

恋愛のスタート、それはトキメキ。
いくつになっても、異性の仕草やちょっとした瞬間にドキッとすることありますよね?
今回は「異性にドキッとする瞬間」のアンケートを取ってまとめてみました。
あなたの恋の始まりは、どんなスタイルですか?

女がドキッとする瞬間

■男を感じた系
やはりふとした瞬間に感じる男っぽさは良いものです。
さりげない仕草に男を感じるというのは、かなりドキッとするみたいですね。

残業中に『疲れたー』って一息ついている時に『ほら、ダラっとしないの!早く終わらせて帰るよー!』って言われるとちょっとドキッとする。ガチで怒らないで、お兄ちゃんみたいな感じがまた良い…。
20代:女性

いいですね、リードしてくれる感じ。
まあよく見るとただのブラコン感がないとはいえませんが、分からないでもないですね。

知人というくらいの間柄の人ですが、ある時その人がネクタイを結んでいる最中の姿を目にして「異性」を感じて手の動きをじっとみつめてしまっていました。
40代:女性

ふだん何とも思わない人がふと男に戻った瞬間(男と認識した瞬間)は、たしかに良いものなのかも知れませんね!

■優しさ系
優しい男はモテるといいますが、やはり女性は優しい男性の仕草にドキッとくるようです。

普段ボディタッチがない人が急に頭をなでてくれたり、ふとしたときにお金をだしてくれたりなどさりげない感じにキュンとします。
20代:女性

頭をなでるとかは、なかなかハードルが高い気がします・・・。
お金を出してくれるというのが、果たして優しさなのか?については小1時間ほど議論したいところですが、やはり優しさというのは大きな武器になりそうですね。

高い場所にあって自分では届かないものをスッと取ってくれたときに、ふっと香る清潔な匂いにドキッとする。
20代:女性

高いところにある物を取ってくれたのか、匂いが良かったのか判別が難しいですが、なんとなくい匂いフェチな気もしないでもないですね。

さりげなく気遣ってくれる態度にドキッとする。例えば、歩道を一緒に歩いていて自転車が通ったりして危ないときに手でかばってくれたり、ドアを開けて待っていてくれたり、飲食店で水のおかわりなどさっと立って汲んできてくれるなどなど。
40代:女性

優しさって万能です。
男性諸君は身につけておくと損はないですよ!
というか、普通のことを優しさと受け取られるようにすれば、万事OKな気がしてきました!

■ギャップ萌系
女性だって有りますギャップ萌え。

普段クールな人が、ちょっとあわてたり動転したりするシーンを見ると、意外性から、かわいいと思ってドキッとします。
30代:女性

ギャップ萌えは男子の特権かと思いきや、女性だって男性のギャップには弱いようです。
ギャップ侮りがたしですね。

普段は無口でクールな人が子どもや動物と関わった時、無邪気にじゃれあってる姿を見た瞬間。
30代:女性

普段メガネをかけている人が不意にメガネを外して目薬をさしたりしていつもと違う表情を見たとき。
40代:女性

とにかく皆さんギャップが大好きです。
普段から違う一面を磨いていると、モテ要素になっていくのかもしれませんね。

■特殊系
女子にもいます特殊系フェチ!
まあ「指からなんか出て」たりはしないのですが。

外国人の彼が、食事中や見つめ合った時にウィンクしてくれるので、その度にドキッとします。日本人にはない習慣なので毎回新鮮。
40代:女性

うん、はい。
それ、日本人がやっても気持ち悪いだけですので、真似しないように気をつけましょう。

男がドキッとする瞬間

続いては、男性が女性のふとしたしぐさにドキッ!とする瞬間について、聞いてみました。

■髪の毛系
髪は女の命ですといいますが、女性の髪の毛は男にとっても命です。

髪をかき上げるしぐさ。
20代:男性

よくわかります、このふとした仕草にドキッとするというのはもう定番中の定番ですよね。
古くは浅野温子さんもこんなカテゴリでしたね!
中でも、やはり女性の魅力の中でも大きな割合を占めているであろう「髪の毛」に関する仕草にドキッとする人は多いようで。

ラーメンなどの髪の毛が邪魔になりそうなものを食べるときに、髪の毛を結ぶしぐさの時に見えるうなじ。
20代:男性

髪を後ろで束ねている瞬間。その時両手が後ろに行き、背筋が伸びて良し、胸が強調されて良し、うなじが見えて良し、と3拍子揃う。
40代:男性

もう全年齢層まんべんなく、この髪にまつわる仕草にドキッとしていますね。
中には40代のご意見のように、かなり複合的なものもありますが、女性の髪の毛って神秘的ですもんね。

■ギャップ萌え系
次は、いつもと違う一面にドキッとくるギャップ萌え。

仕事してるときはしっかりしている性格なのにプライベートはたまに天然さんの性格かな?と感じたとき。
30代:男性

良いですね。
このプライベートな一面を見せられたときに感じるトキメキは、破壊力バツグンです。
自分に対して気を許してくれている気分にもなれますし、良いことしかないですね!

見た目も派手髪で、アクセサリーもジャラジャラしてて、喋り方も怖い会社の先輩がいましたが、 ある時一緒に仕事をした時、思ったより優しくて思いやりのある人で… そのギャップにドキッときました! それが今の彼女です。
30代:男性

見た目がとっつきにくいと思っていた人が、実はかわいいものが好きなことや子供のように純粋なことろがあると気付いたとき、内面的にかわいいと思ってドキッとした。派手で少し怖そうと思っていた人が実は親切で優しかったりとか良い意味で意外な一面を見たとき。
30代:男性

女の子がうっかりミスをして、注意したとき、「あ、いけない!」と言って、舌をペロッと出した瞬間。 今時の女の子に無い可愛さを感じてしまう。
40代:男性

見てわかるのは、いつもはしっかりしている人の、少しくだけた感じにドキッと来ているのがわかりますね。
ずっと優しいとか、ずっとかわいいよりも、時々かわいい一面を見せたり、優しい一面を見せるほうが、心を打つのかもしれませんね?

■運命系
次は運命感じちゃう系です。

隣に座っていて、ふとした瞬間にお互いのほうを見るときが重なったとき。
20代:男性

目と目が合う瞬間、恋に気づいた。
なんて、使い古された歌の歌詞みたいな瞬間が、日常に起こってしまうと、これはドキッとせざるを得ませんね。
けど、大体は自分が見ているから相手も視線が気になってしまったやつですけどね・・・・。

離れた場所にいながら目が合ったとき 目が合うのは向こうも見てる証拠だと思う。
20代:男性

私が異性の後ろにいるときに、振り向かれるとその瞬間がたまらなく魅力的に思えることがある。
30代:男性

流石にこれは40代の人はいなかったみたいですね。
目と目があって恋を感じられるのは、若い頃の特権かも知れません。

■女性を感じた系
いつもは、同僚だったりする人にふと感じる女性感。
これも効きます。

伸びをする仕草。読書やスマホなどの合間に、両手を挙げて目をつむって少し声を出しながらやっているのが、可愛く見えて好き。
20代:男性

狙ってこんなことをされたらイチコロですが、時々女性はこういう仕草をします。
たまらないですよね。

OL風なタイトスカートでつかつかさっそうと歩いている女性を見たとき、かっこいいなと思うと同時にセクシーにみえる。
30代:男性

服に糸くずがついていてさりげなくとってくれた時にドキッとした思い出がある。
40代:男性

いつもは意識してなくても、女性らしさを感じると、ドキッとしてしまう気持ちわかりますよね。

ドキッとする瞬間を逆手に、ドキッとさせていきましょう

いかがでしたか。
色んな意味で、ドキッとする瞬間というのは人によって様々ですが、傾向は見えてきましたね。
男性は優しさを磨き、女性は女性らしさを磨き。
普段はそれを見せない。
ドキッとする瞬間を見ていくと、ドキッとさせる方法が見つかりそうです。

調査データ

有効回答数:2,011名
調査期間:2017年9月25日~9月26日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
恋愛 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス