通説の実態をアンケートで徹底調査リサーチメディアfor Real?




ドキッとする瞬間はどんな時?仕草・言葉などリアルな声を徹底調査!

ドキッとする瞬間はどんな時?仕草・言葉などリアルな声を徹底調査!

「え?どうしたの?」
「ヤバい…今ときめいた…」

異性にドキッとする瞬間は、人それぞれです。ドキッとする仕草や、ドキッとする言葉、ドキッとする行動など、ドキッとするシチュエーションはこの世界に溢れています。そしてドキッとするセリフを言われて付き合い始める…なんて方も多いのではないでしょうか。

面白いのは、ある人にとってはドキッとする一言や仕草であっても、ある人にとっては全くドキッとしないということです。例えば、「好みのお相手の服装を見てドキッとする」には、2つの意味があります。「服装まで好みのタイプ!」という意味と、「あれ?服装ダサくね?」という意味です。どうせなら、ポジティブにドキッとしたいものですよね。

さて、今回は、「皆さんはどんな瞬間にドキッとしているのか?」という疑問を解決するため、「異性にドキッとする瞬間」のアンケートを取ってみました。男女別で、さまざまな「ドキッとする瞬間」が取り揃っています。

単純に他の人のドキッを楽しむも良し、自分のドキッと見比べるも良し、相手のドキッを引き出す参考にしてみるも良し。思い思いの心構えでご覧ください。

異性にドキッとする瞬間【女性編】

■男を感じた系
女性が男の人にドキッとする瞬間というのは、やはりその人に「男」を感じた時なのかもしれません。特に、普段は異性としてあまり意識していなかった相手が、ふいに男らしい仕草をした時。いつもとは違うドキッとする男性の仕草に、女性はやられてしまうんですね。

残業中に『疲れたー』って一息ついている時に『ほら、ダラっとしないの!早く終わらせて帰るよー!』って言われるとちょっとドキッとする。ガチで怒らないで、お兄ちゃんみたいな感じがまた良い…。
20代:女性

この「ガチで怒らないで」ってところが重要ですね。少しだけたしなめる感じの、温かみのあるお兄ちゃん感が必要なんでしょう。男友達と思っていた同僚にドキッとする…みたいな、恋愛の始まりを予感させてくれますね。

知人というくらいの間柄の人ですが、ある時その人がネクタイを結んでいる最中の姿を目にして「異性」を感じて手の動きをじっとみつめてしまっていました。
40代:女性

出ました。これぞ、「ザ・ドキッとする男性の仕草」ですね。ネクタイ裁きが手慣れているほど、女性はドキッとするようです。意中の相手にドキッとする演出を仕掛けるならば、男性はネクタイをサラッと結べるようにしましょう!

■男性の優しさ系
女性が男の行動でドキッとする瞬間には、基本的に少しの「優しさ」が混じっているように感じます。自分を思いやってくれているという優しさを感じることで、ドキッとして恋愛対象になるようです。

普段ボディタッチがない人が急に頭をなでてくれたり、ふとしたときにお金をだしてくれたりなどさりげない感じにキュンとします。
20代:女性

すぐさま頭撫でに目が行ってしまいますが、「普段ボディタッチがない人が」を肝に銘じましょう。あと、やっぱりお金か…と落ち込む必要はありません。あくまでも「ふとしたとき」の「さりげない」お金です。要は思いやりが伝わるかですね。

高い場所にあって自分では届かないものをスッと取ってくれたときに、ふっと香る清潔な匂いにドキッとする。
20代:女性

高い場所のものを取るのは、男の魅せ場と言っても過言ではないでしょう。身長が低い方でも、踏み台に乗って取る時の身軽さや腕の感じに、女子はドキッとするものです。そして匂いは重要です。モテたいなら身だしなみに気を配りましょう。

さりげなく気遣ってくれる態度にドキッとする。例えば、歩道を一緒に歩いていて自転車が通ったりして危ないときに手でかばってくれたり、ドアを開けて待っていてくれたり、飲食店で水のおかわりなどさっと立って汲んできてくれるなどなど。
40代:女性

ドキッとする男の行動オンパレードです。基本的にはレディーファーストの精神ですよね。ただ、教科書通りの行動では興ざめです。しっかりと相手への気遣いからの行動であるからこそ、女性がドキッとして”デートしたい”に繋がるのでしょう。

■男性のギャップ萌系
「ギャップ萌え」という言葉自体、男性が女性に対して使いがちな言葉ですが、女性にもしっかり「ギャップ萌え」はあります。普段とは違う男性の一面を見た時、ギャップを感じてドキッとするのでしょう。

普段クールな人が、ちょっとあわてたり動転したりするシーンを見ると、意外性から、かわいいと思ってドキッとします。
30代:女性

あくまでも「普段クールな人」が大事ですね。ちょっとの動転で可愛いと思ってドキッとするという女性、結構いらっしゃるようです。とにもかくにも、意外性を感じた瞬間に恋心が動き出すみたいですね。

普段は無口でクールな人が子どもや動物と関わった時、無邪気にじゃれあってる姿を見た瞬間。
30代:女性

これまた出ました「普段は無口でクールな人」。こうも続くと男性は、ベースが「普段クール」で居た方が良さそうですね。クールな男が無邪気にじゃれあって繰り出す笑顔に、女性はドキッとしてしまう模様です。

普段メガネをかけている人が不意にメガネを外して目薬をさしたりしていつもと違う表情を見たとき。
40代:女性

メガネ男子の不意の裸眼攻撃…。普段あんまり見ない目をしっかり見ることになりますし、目薬をさした後の真剣な眼差し、なんてのも効果抜群のようですね。普段が裸眼の方がメガネを…という応用パターンもありそうです。

■特殊系
「特殊系」と聞いてアブノーマルな感じでエッチな想像をされた方、すぐさまお戻りください。特殊系というのは、あまり共感を得られないかも…でも男性のこういう仕草や瞬間にドキッとする!っていう特集です。

外国人の彼が、食事中や見つめ合った時にウィンクしてくれるので、その度にドキッとします。日本人にはない習慣なので毎回新鮮。
40代:女性

イッツグローバル!ですね。これは「外国人の彼」が「見つめあった時」に「ウィンク」で初めて成立する公式ですね。無闇に日本人男性がチャレンジすると、目に虫が入ったと心配されることでしょう。習慣ならではの「さり気なさ」が肝です。

…以上が「女性が男性にドキッとする瞬間」でした。
続いては、男バージョンを見てきましょう!

異性にドキッとする瞬間【男性編】

■女性の髪の毛系
男性たちが女性にドキッとする仕草の代表格と言って良いのが、この「髪の毛系」です。それでは男性陣それぞれの、「女性の髪の毛」に対する人気具合やこだわりを見ていきましょう。

髪をかき上げるしぐさ。
20代:男性

「シンプル・イズ・ベスト」という言葉通りの仕草、及びコメントですね。少し長めの髪の女性が、ズバッとかき上げる感じが好き!という男性も多いのではないでしょうか。意中の男性にドキッとさせたい女性は、春でも夏でも秋でもクリスマスでもとりあえず髪をかき上げまくりましょう!

ラーメンなどの髪の毛が邪魔になりそうなものを食べるときに、髪の毛を結ぶしぐさの時に見えるうなじ。
20代:男性

これも髪の毛絡みですが、若干のマニアック感がある「うなじ」ですね。普段隠れているところが見えるというところに、男性はドキッとしてしまうようです。食べる時にその都度髪の毛を持って、というよりも、束ねてしまう方が好印象のようです。

髪を後ろで束ねている瞬間。その時両手が後ろに行き、背筋が伸びて良し、胸が強調されて良し、うなじが見えて良し、と3拍子揃う。
40代:男性

女性が髪の毛を束ねる瞬間というのは、男性から非常に好評のようです。こちらの方の3拍子以外では、束ねる為のゴムを口にくわえているところや、手慣れた感じで束ねる仕草など、女性の髪の毛が長いとドキッとポイントも多いようですね。

■女性のギャップ萌え系
続いては、「ギャップ萌え・女性バージョン」です。いつもと違う一面にドキッとくるギャップ萌えは、男女問わず好評のようですね。

仕事してるときはしっかりしている性格なのにプライベートはたまに天然さんの性格かな?と感じたとき。
30代:男性

仕事上でのテキパキありきの、プライベートで天然は心が和みますね。自分に対して心を許してくれているという気分にもなれますし、多少の失敗であっても、優しく許してくれたりするのでしょう。女性の作戦でないことを祈ります…。

見た目も派手髪で、アクセサリーもジャラジャラしてて、喋り方も怖い会社の先輩がいましたが、 ある時一緒に仕事をした時、思ったより優しくて思いやりのある人で… そのギャップにドキッときました! それが今の彼女です。
30代:男性

派手髪のアクセジャラジャラって、もはや世紀末みたいな出で立ちを想像してしまいますが、そんな方が思いやりがあって優しくて…って、思わずグラッと来てしまいますよね。そして最後はノロケですか!末永くお幸せに!

見た目がとっつきにくいと思っていた人が、実はかわいいものが好きなことや子供のように純粋なことろがあると気付いたとき、内面的にかわいいと思ってドキッとした。派手で少し怖そうと思っていた人が実は親切で優しかったりとか良い意味で意外な一面を見たとき。
30代:男性

連続というのもありますが、ちょっと男性というのは先入観が強いのかも知れませんね。コミュニケーションが難しそうだなぁ、って人が実は良い人、っていうのに男性は弱いみたいですね。普通に見える人よりも振れ幅がありますもんね。

女の子がうっかりミスをして、注意したとき、「あ、いけない!」と言って、舌をペロッと出した瞬間。 今時の女の子に無い可愛さを感じてしまう。
40代:男性

ここにも出ました「今どきの女の子に無い」という先入観!ただこのシチュエーション、女性にとってはドキッとさせるか更に怒られるかのギャンブルのようなところがありますね。「さり気ない舌」は、「日本男児のウィンク」のようです。

■運命系
さてこちらの「運命系」。女性のご意見で言うところの「特殊系」にあたるカテゴリーですね。なのでということでは無いですが、どうか温かい目でご覧ください。

隣に座っていて、ふとした瞬間にお互いのほうを見るときが重なったとき。
20代:男性

心の中で「中学生かっ!」と叫んだ方もいらっしゃるでしょう。ただ、自分が見てたら相手も視線が気になってチラッと見た、で、重なったと申告されている場合があります。まぁ、ドキッとした瞬間の答えにはふさわしいのでしょうけど。

離れた場所にいながら目が合ったとき 目が合うのは向こうも見てる証拠だと思う。
20代:男性

何でしょう、この男性側で巻き起こる「視線至上主義」。こちらの方の近くに、皆が見れる時計が無いことを祈ります!しかも「離れた場所」の場合は、相手の視力も気になります。まぁ、ドキッとした瞬間の答えにはふさわしいのでしょうけど

私が異性の後ろにいるときに、振り向かれるとその瞬間がたまらなく魅力的に思えることがある。
30代:男性

古来より「見返り美人」なんて言葉もありますので、ある意味では女性が一番魅力的に感じさせる角度の一つが、この「見返り」なのかもしれません。女友達や同僚が見返れば、美しさが増しに増して急にドキッとしてしまうかもですね。

■女性を感じた系
ここまで読んでくると、この「女性を感じた系」というのは、「ギャップ萌え」の一種としてカテゴライズされるものかもしれませんね。意外な瞬間の女性を感じたら、男性の恋心は動き出すようです。

伸びをする仕草。読書やスマホなどの合間に、両手を挙げて目をつむって少し声を出しながらやっているのが、可愛く見えて好き。
20代:男性

デスクワークなどの場合、同じ姿勢をキープする時間が長いですから、自然と伸びをするシーンも増えそうですね。これまたさり気なさが重要ですね。やり過ぎると「あざとい」と女性陣からブーイングが聞こえてきそうです。

OL風なタイトスカートでつかつかさっそうと歩いている女性を見たとき、かっこいいなと思うと同時にセクシーにみえる。
30代:男性

女性の社会進出の浸透率の高まりに伴い、こういった「かっこいい女性」が増えてきています。かっこいい女性でドキッとして、そんな女性がプライベートでは天然でドキッとして…みたいな。かっこいい女性はセクシーを併せ持っていますよね。

服に糸くずがついていてさりげなくとってくれた時にドキッとした思い出がある。
40代:男性

さりげなく取るというところに思いやりを感じますし、糸くずを取ってくれる女性との距離感にもドキッとするポイントがありますよね。間近で糸くずを見る眼差しを見せられたら、ドキッとせざるを得ないでしょう。

「ドキッとする瞬間」と「ドキッとさせられる瞬間」の共通点

様々な方のドキッとする瞬間をご覧頂きました。男女通して見たところ、やはりギャップにドキッとする瞬間は潜んでいるようです。クールな男性が不意に見せる優しさ。派手な髪形の女性が不意に見せる優しさ。共通して言えることは、ドキッとする瞬間には「優しさ」が絡むことが多いようです。

今こちらの記事を見ていて、まわりに気になる相手がいらっしゃる方は、明日から相手に優しく接してみましょう。何か良い方向に進展するかもしれません。くれぐれも、あくまで”さりげなく”。

調査データ

有効回答数:2,011名
調査期間:2017年9月25日~9月26日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳男女
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス