世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

「あなたは何フェチ?」女子は男子のどこに萌えるのか?

「あなたは何フェチ?」女子は男子のどこに萌えるのか?

自分にはないものだからこそ憧れるフェチ。
今回は、女性のみなさんにフェチについてアンケート調査をしてみました!
すると、フェチの真実が見えてきたような気がします…!

イマドキ女子の定番フェチは?

女性の皆さまに“あなたは何フェチですか?”とストレートな質問を投げかけたところ、以下のような回答結果となっています。

Q.あなたは何フェチですか?
Q.あなたは何フェチですか?

すべての年代において、手が1位、声が2位となっており、生まれ持ったモノが問われる内容となっているため、男性にとっては若干厳しい結果と受け止められるかもしれません。
グラフを見ていると手フェチと声フェチの差が、年代とともに開いていくのが見てとれます。
これは、若い人ほど「手も好きだけど~声もいいよね~」といった感じに、複数のフェチ部位があり、年とともに、1本化されていくのかも知れませんね!

まるで焼肉!部位別に魅力を確認!

女性の皆さまにアンケートを取った際、“なぜ、その部位に魅力を感じるのか?”も併せて聞いてみました。
すると、それぞれの部位について女性にはないものを求めている傾向が見られました。
各部位についてコメントを紹介しながら見ていきましょう。

■「手フェチ」

手がきれいだと清潔感があるように感じるし、指が細長かったり、爪がきれいに整えられているとセクシーだと思う。
20代:女性

若いときデートでドライブに行った時に、ギアにかけた手がとてもかっこよくて頼もしく見えた。それ以来ちょっとゴツゴツしてて大きな手を見ると、守られているような乙女な気分に浸ってしまう。
30代:女性

などなど「手」だと骨張って血管が浮き出ているところに、指が細く、爪先も整えられていることで清潔感も感じられるなど、まるで顔同様の取り扱いをしている女性もいます。

■「声フェチ」

声だけにでもどきどきするし、セクシーさも感じる。声が好きで声優さんにはまっていたこともある。
20代:女性

見た目がもろにタイプで、カッコよかった人が しゃべり出した瞬間、声がイメージと違いすぎて・・・一瞬で恋心が冷めた。
30代:女性

次に支持の多かった声についても、男性特有の声の低さや響きにセクシーさを感じている女性も少なくありません。
逆に、声のイメージが合わないと一瞬で冷められることもあるようです・・・。

■「匂いフェチ」

男女関係なく、好きな香りがあります。嗅ぐと落ち着く体臭があり、幸せなことに今の恋人はそれを持っています。
20代:女性

匂いはもともと鼻が敏感なのでつい嗅いでしまう癖があるところから、交際相手や自分のタオルケットの香りなどを嗅ぐのでフェチといえるかもしれないから。
40代:女性

見逃せないのは匂いでしょう。
普段は意識していなくても、生活習慣がそのままにじみ出てしまうものだけに、匂いを重視している女性は少なくないようです。
男性自身から発せられる匂いに限らず、持ち物等へ移った匂いまでもチェックされているようなので、男性は一度、自分の周囲からどのような匂いが発せられているか確認してみたほうがいいかもしれません。

■「筋肉フェチ」

身体の薄い男、ナヨッとした男、細マッチョとかいう中途半端な男、そんな男たちには世の女性陣をお姫様抱っこはおろか、米袋でさえ「重い」と言うでしょう!そんな男よりも「羽根の様に軽いね」とにっこり笑って片手で抱っこレベルの男の方が格好よい!と声を大にして言いたい。服の上から分かる胸筋、割れた腹筋、腕に浮き出る筋、背後は爆発して髪が焦げても服が破れていても「大丈夫かい?君は僕が絶対に助けるよ」と命を守ってくれる・・・・・・までとは言わずとも、男女関係なく憧れるような逞しい男性が好きです!筋肉!
20代:女性

熱い!!!
筋肉にかけるほとばしる情熱がコメントからも伝わってきますね!
やはり、男性的な象徴といえば「筋肉」!マッチョメーン。
この方がもっとも筋肉への憧憬を如実に表現されていたので、採用させていただきました。
ここまでのコメントに対して、私から言うことは何もありません!

■「メガネフェチ」

眼鏡をかけたときとはずした時にギャップがあればあるほど好き
30代:女性

ダークホース的な部位では、メガネでしょうか。
かけている人の大半が生活に欠かせないのが理由でしょうが、そのようなツールを身につけている男性を魅力的に思う女性も多いようです。
男性からしても、メガネ女子が好きな人が少なくないのと同じ理由でしょう。

フェチは永続的ではなく、一時的なこだわりの性質が強い嗜好

今回のアンケートでは、女性がハマったフェチから徐々に抜けだして、新たに別の部位に移行したり、その道を極めたりと様々な様子です。
この結果、フェチとは決して永続的なものではないと推測できます。
良く言えば、次から次へとフェチ部位を生み出せる可能性があるということにもなりますし、悪く言えば、飽きられたら・・・的にちょっと恐怖を感じることもあるかもしれません。
しかしながら、「手」を好きな女性は多く、男性はとりあえず手をキレイに保つところからはじめるのも良いかも知れませんね!

調査データ

有効回答数:3,267名
調査期間:2017年9月20日〜9月21日
調査対象:(エリア)全国(性別:年齢)女性:20歳~49歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
恋愛 関連記事
すべての人にインターネット
関連サービス