世の「ホント?」を調査で白黒つけるサイト

意外といる!?職場で「ウザい」と思われてる男性の特徴

意外といる!?職場で「ウザい」と思われてる男性の特徴

どんな職場にもウザいと思われてる男性って、少なからずいますよね・・・。
「こんな人はイヤだ」「あの人さー」なんて話題になっちゃうウザい人にはどんな特徴があるんでしょう?
今回はそんなウザい男性の特徴について調査してみました。
もしかしたらあなたも無意識のうちにウザい行動をしているかも…?
男性の方はこれを見て”ウザい男”にならないように注意しましょう!

あなたにとって職場のウザい男性は?

さっそく、職場でウザいと思う男性の特徴について女性の方々に聞いてみました。

Q.あなたにとって職場のウザいと思う男性は?(複数回答)
Q.あなたにとって職場のウザいと思う男性は?

意外なことにどの年代の女性も、思い浮かべるウザい男性の特徴はほぼ同じみたいです。
わずかな差はありますが上位5項目は同じものがそろっていました。
「人によって態度が違う」という意見が半数以上の票で各年代の1位を獲得しています。
たしかに、相手によってコロコロ態度を変えられるのは嫌ですよね。
心当たりのある人は、相手を見て態度を変えず、誠実な対応を心掛けましょう。
「威張ってくる」「失礼なことを言ってくる」なども続いて多い項目でした。
無意識の男性もいるかもしれませんが、上から目線で話されるのは女性から見ると結構”ウザい”です…。
話すときは相手のことを考える姿勢を忘れずに…!
威張ってくるって単語がじわじわウケますね。
次に「体臭がきつい」という意見の中で一番割合が高かったのは20代でした。
もしかすると若い人ほど臭いには敏感なのかもしれません…。
清潔感は印象を良くする第一歩です、エチケットとして気を付けましょう。

「あ、この人ウザい…」と思った瞬間、実はこんなにあるんです…

上司の態度が人によって違う時は正直腹が立ちます。特に若い人や新人には甘く、付きまとっている感じが目立ちます。下ネタ交じりな会話も世間的にはパワハラ・セクハラなどと訴えられてもおかしくはないのではと正直感じます。 (20代)

一番嫌いなのが「役職」によって態度を変える人。二番目に嫌いなのが「やってもらうのが当たり前」の人。根底にあるのは「他人に敬意を払わない」「自分が特別だと思っている」点。
いい年をして、人に感謝もできず、かといって敬意も払わず、上品なふりして誰よりも下品。(40代)

やはり人によって態度が違うのは印象としてかなりマイナスですね、理不尽な対応への怒りが伝わってきます・・・。

直属の上司と社長についてのことですが、労基法やセクハラ、人権感覚に疎く、人や女性をバカにしたような物言いが普段から多くてウザいなと思います。(20代)

態度の問題や体臭は論外だが、下ネタがやたら多かったりパーソナルスペースに侵入してくる人も苦手。セクハラだと騒ぐほどでもないし、職場なのでそう言った話題で盛り上げようとする意味が分からないし不快。(30代)

話題のチョイスは人柄が見えますよね・・・。
聞く側はセクハラまがいの発言を愛想笑いで流すのも一苦労です。

臭いは本当に耐えられない。臭いのせいで頭痛になって毎日バファリンを服用したことがあった。スメハラだけは勘弁(20代)

薬を服用するまでの臭い…。
うっ、想像するだけで頭が痛くなってきます…。

自分の失敗を棚に上げ、他者の失敗に対して長々と不満や愚痴を陰で言う。(30代)

職場に自意識過剰な人がいる。自分では仕事ができる風を装っているが、全然で裏ではバイトにもバカにされている。が、仕事ができると思っているので、自分より下の人間には偉そうに振る舞い、自分より仕事ができる人間には金魚の糞のようにくっついている。とにかくうざい。(40代)

などなど、たくさんの実体験が寄せられました。
みなさんいろいろな悩みや不満・怒りを抱えながらお仕事をされているようです・・・。

適度な距離感が大切です

職場にいるウザいと思う男性について、考え方や言動が自己中心的な男性ほど不満を多く集める傾向にあるようです。
たしかに適度な距離のコミュニケーションが取れる男性は職場でも親しみやすいと思います。
他にも誠実な対応や相手の目線で考えるなど、求められていることは人間関係の基本に近いような気がします。
職場で好感を持たれる男性になりたいなら、周囲の人に敬意をもって接することが第一歩かも知れませんね。
男性の方々はひとつひとつの意見を受け止めながら”ウザい男”にならないよう、ぜひ心掛けていきましょう…!

調査データ

有効回答数:3,076名
調査期間:2017年9月4日〜9月6日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢)20歳~49歳女性
調査媒体:アンケートサイト infoQ

SNSでフォローする
こんな記事も読まれています
すべての人にインターネット
関連サービス